菅野草苑さんのブログ

会津駒ヶ岳山頂付近の植物 [植物]

投稿日時:2013/08/13(火) 14:30

1000mあたりはブナ林からはじまり、オオシラビソの林となり
2000mの山頂付近は草原地帯になって、湿地植物と池塘が点在しています。

雪解けの水や雨水が溜まった池塘付近の地面には、ワタスゲ、ヒメシャクナゲなどが
少し咲いていましたが、花の時期は終わったようで、あまり綺麗な姿ではありませんで
した。

山頂付近の草原はコバイケイソウが一面群生し、今が満開のところ、蕾のところ、
やっと成長してきたところと、変化に富んだ咲き方で、咲いています。
雪解けの時期の違いからこのようになるようです。

ハクサンコザクラも雪解けの進んだ所から咲き出し、群生しています。
イワイチョウの群生ありましたが、咲いているのは少し。
花の見頃はこれからのようです。

いろいろな高山植物が順番に最盛期を迎え、草原を飾る、会津の山々です。

イワイチョウ
キンコウカ
ハクサンチドリ
チングルマ
ハクサンコザクラ
シナノキンバイ



<< 2019年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31